有機農法や無農薬農法の問題点

最近は健康志向や自然志向がブームとあって、有機農法や無農薬農法が注目されています。ここではそうした農法の特徴や問題点を解説していきます。

サイトトップ > 無農薬農法のポイントと問題

スポンサードリンク

有機農法や無農薬農法の問題点

無農薬農法のポイントと問題


無農薬農法が難しいのは見栄えが最優先されるという事情がかなり大きいようですが、無農薬栽培のポイントとなるのは、有機肥料を大量に使用した土作り、病害虫にかかりにくい農作物の栽培、病害虫が発生しにくい環境作り、病害虫の卵や菌の畑や田への侵入の防止、農作物が病害虫にさらされる期間の短縮、などとなっており、かなり手がかかる作業となります。


一方では、化学的な農薬の代用として木酢液などの使用が試みられており、実際に木酢液によるバラの無農薬栽培などが成功しています。(ただし木酢液は特定農薬としては不認可なので農薬取締法違反に問われる点に注意)


無農薬で植物を栽培するためには、この中でもまずしっかりした土作りをすることが非常に重要となっています。


ここでは連作障害を回避することもあって、毎年大量の有機肥料を施し、常に土の状態を管理しなければ実現しません。最近一部で問題となっているのは、無農薬農法を謳っていながら実際には農薬を使用した野菜を販売することがあったり、消費者の不安や知識不足をいいことに無農薬や減農薬をセールスポイントに法外な価格で売りつける商法などがあることです。


法律上の問題もあります。それは法律で定義している農薬は使用していないが、それ以外の薬類と呼ばれているものを使用した場合で、これは無農薬農法になってしまうのです。木酢液などは農薬として使っているのではなく、肥料として蒔いているとすれば農薬取締法には抵触しません。実際に無農薬農法の作物を購入する場合は、こうした点に充分気をつけてください。


有機農法や無農薬農法の問題点

MENU



スポンサードリンク