有機農法や無農薬農法の問題点

最近は健康志向や自然志向がブームとあって、有機農法や無農薬農法が注目されています。ここではそうした農法の特徴や問題点を解説していきます。

サイトトップ > 有機農法の特徴

スポンサードリンク

有機農法や無農薬農法の問題点

有機農法の特徴


有機農法は自然環境に優しいということで注目を集めていますが、一方では単位面積当たりの収量が低いので、慣行農法と同等の収量とするためにはより多くの農地を必要とするという問題もあります。


もともと農地自体が人為的なものであり、慣行農法による高収量で農地を効率化する方が、より生態系保護や環境保全には有利であるという観点も見逃せません。


このような観点でも有機農法に対する評価は分かれるのです。更には、熟成が不十分な有機質肥料を使用することによって、寄生虫汚染や病原微生物汚染の原因になる恐れもあるので、十分に熟成させた堆肥を利用する必要があります。


このためにかつては、有機質肥料を使用せずに化学肥料のみを用いて栽培した野菜を「清浄野菜」と呼んでむしろ尊重したこともあったのです。


堆肥の熟成が不十分な場合には、ガス障害や高いC/Nによる窒素飢餓が生じる危険性も見逃せません。


各地で取り組まれている有機農法の手法は様々で、合成化学肥料を使用しないという前提条件に加え、土壌を浸食や貧栄養化、物理的な崩壊から守ることや、一品種を栽培するのではなく、多品種を栽培するなどの生物多様性の保全、家畜類を屋外で飼育する平飼いも含まれます。


こうした内容の中で、それぞれの農業者は各自の有機生産システムを発展させており、結果として個々の有機農業のあり方は気候や市況、地域的な農業の基準によって変わっていきます。


有機農法や無農薬農法の問題点

MENU



スポンサードリンク