有機農法や無農薬農法の問題点

最近は健康志向や自然志向がブームとあって、有機農法や無農薬農法が注目されています。ここではそうした農法の特徴や問題点を解説していきます。

サイトトップ > 有機農法とは

スポンサードリンク

有機農法や無農薬農法の問題点

有機農法とは


有機農法とは、自然環境や生態系と調和した状態で行われることを目指した農業の一形態のことで、他にも有機農業、有機栽培、オーガニック農法などと呼ばれることがあります。


農業は20世紀になってから、人工的に化学合成された化学肥料や化学合成農薬などの化学物質を有効利用することでその生産力を大きく拡大させていきました。こうした中、日本でも1961年に農業基本法が制定されて、化学肥料や化学合成農薬の使用や、作業の機械化が推進されるようになり、こうした方法は農地の単位面積当たりの収穫量の増大が見込めるため、比較的小面積の農地しか持っていない多くの農家にとっては朗報となり、各地で積極的な導入が進んだのです。


しかしこれには欠点もあり、それは長年にわたって化学肥料ばかりを使用し続けることで、自然の生態系に悪影響出てくるということです。土の中の菌類、バクテリアなどの生物は、もともと落ち葉や腐った木、糞尿などの有機物を分解して生きていますが、これらの有機肥料ではなく無機質の化学肥料ばかりを大量に使用することで、有機物が不足しはじめ、土の中の微生物も減少していくのです。


更には、無機質に適した嫌気性生物の細菌が土中に繁殖しやすくなり、結果として植物は病気にかかりやすくなり、対処のために農薬の使用を増やさなければならなくなります。


当然環境はますます悪化することになり、まさに悪循環に陥ってしまいます。こうした反省から、提唱されたのが有機農法で、これは化学物質の利用を止めて、昔のような天然の有機物や天然由来の無機物による肥料などを用いて自然に優しい農業を目指しています。農作物の収穫量よりも、土の中までも含む生態系全体の保全に目を向けているというわけです。


有機農法や無農薬農法の問題点

MENU



スポンサードリンク